【レビュー】Fear,and Loathing in Las Vegas:HYPERTOUGHNESS(2019)

 

Details

 

日本は、神戸のエレクトロニコアなバンドのFear,and Loathing in Las Vegasの待望の全11曲入の6thアルバム。

初回プレス分のみジェケットステッカーも封入されています。

 

HYPERTOUGHNESS」は、約2年ぶりの作品で、リリースするまでに、Sxun(Gt)氏が脱退、Keiと死別という悲しくて苦しい時期があってのリリース。

 

ラスベガスにとって大きな出来事で、個人的には一時休止もするのではないかと心配になったけど、苦しい時期を乗り越えて、新譜をリリースしてくれたことにすごく嬉しいし、尊敬しています。

ありがとう。

 

「HYPERTOUGHNESS」は、メンバーが変わり新体制となっての新譜ではあるが、相変わらずのFear,and Loathing in Las Vegas節を奏でてくれる。

 

スクリーム調のラップは健在で、ドラマティックなサウンドに畳み掛けるようなシャウトの連続。

 

特に、”#2 The Gong of Knockout”は、1stアルバムを彷彿させるようなリズムとテンポで、シンガロングパートもたくさんあり、気づいたらヘッドバンを決めています。

 

昔からのファン、6thを初めて聴くファンでも楽しめるような曲作りになっているのが嬉しいですね。

#2 The Gong of Knockout

[youtube id=”GXRAY_Nb2Fo” alt=””]

 

6thまで作品を出していると、音楽路線を変えたりとするバンドが多い中、ラスベガスは変わら自分たちの路線を突っ走っているのがカッコイイ。

 

一時期はFACTと似ているバンドという位置づけだったが、6thアルバムを聴いて、似て非なるものだと確信しました。

 

1つの作品からMVも4曲も出しているので、視覚と聴覚とで楽しめます。久しぶりにラスベガスのライブに行きたくなってしまったよ。

 

#1 The Stronger, The Further You’ll Be

[youtube id=”ttLXSOQM44o” alt=””]

#7 Treasure in Your Hands

[youtube id=”CGsOgZCmwPs” alt=””]

#11 Massive Core

[youtube id=”YBf6eNV_gLQ” alt=””]

 

 

Fear, and Loathing in Las Vegas 関連記事
[card id=”119″]
[card id=”106″]
ねこさと

ねこさと

Punk Rockに人生観を変えられた30代男性。ボカロ、アニソンも好き。映画や漫画、ガジェット大好きで引きこもりバンザイ!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA