【レビュー】NAFT:The Audacity of Hope(2009)

Details

  • Country:Japan
  • Release:2009
  • Genre:Melodic Punk
  • Label:TASTY RECORDS
  • HP:NAFT
  • Stream:audioleaf

 

大阪はメロディック・パンクバンドのNAFTの1stアルバム、全12曲。

同郷のWeaterweedのフロントマンである大賀氏によって立ち上げた、レーベルからのリリース。

 

日本人に寄り添った、No Use For a Name顔負けの泣きのメロディを奏でるバンド。速いだけではなく、アップダウンのあるメロディーで、ダレることなく聴くことが出来る。

Vocalの英語の発音も日本人特有のナマリで、なんとなく取っ付きやすい。声色や泣きのメロディで畳み掛けてくので、女子にも人気の雰囲気のバンド。

 

音楽自体は、売れ線メロディとVocalの声色で、好き嫌いが別れてしまいそうだけど、個人的には、線が細いVocalだけど、ノビのある声量がクセになる。

 

1stアルバムにして、バンドとしてかなり完成度の高い作品になっています。ライブ映えするバンドもであるので、メロディック・パンクバンドとしても迫力もあり!

 

古き良き90’s音楽が好きなら、一聴して欲しい作品。

No Use For a Name関係の泣きのメロディが好きなら、イケること間違いなし。

 

NAFT -Various Crosswire
[youtube id=”qyVCSVqMb-M” alt=””]
ねこさと

ねこさと

Punk Rockに人生観を変えられた30代男性。ボカロ、アニソンも好き。映画や漫画、ガジェット大好きで引きこもりバンザイ!

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA