【Leica M10-P】雨と紫陽花(明月院・長谷寺)

鎌倉方面の紫陽花の時期としは、ちょっと早めでしたが、三密を避けたかったので、咲き始め(6〜7部咲き)の紫陽花を楽しむために、明月院と長谷寺に行ってきました。

天気は生憎の1日中雨で、Leica M10-Pでの撮影は厳しい状況でしたが、なんとかシャッターを切るチャンスもあったので、雨の中の紫陽花をアップしていきます。

雨も滴る紫陽花が最高でした。

ここからは、明月院。

明月院に行くまでの道中に猫ちゃんがこっちを見ていた。なんとも愛くるしい。

ここからは、長谷寺。

長谷寺に着くと、傘がめくれてしまうほど、さらに雨風が強くなってしまいました。おかしい、晴れ男で通っていたのに。おかしいな…

風に耐えることが出来なかったので、長谷寺の中にあるカフェみたいなところで休憩。流石にこの雨では人が少なく、カフェの中も貸切り状態で、ゆっくりすることが出来ました。


雨の中、紫陽花を撮影するのは大変でしたが、フォーカスを素早く合わせる修行は出来たと思います。

雨の日は、傘を持ちながらの撮影になるので、多くは求めることは出来なかったので、とりあえずピントさえ合っていれば良いかなという気持ちでした。

案の定、ピンボケの写真を量産していたが、良い経験でした。何より、妻とわいわい話ながらコミュニケーションをたくさん取れたのは良かったです。

NOKTON 75mm F1.5を持っていったが、Summilux 35mm F1.4のみで事足りてしまいました。と、いうより雨で交換する暇がなかったですが。

ここまで、お付き合いありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

写真と音楽と猫と妻が大好きな三十路の男。カメラはLeica M10-PとLeica M4、Sigma fpを愛用しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次