このサイトについて>>

【Sigma fp】Leicaレンズが寄れることに感動している

Leicaレンズは、最短撮影距離が1〜0.7mが多いですよね。

ぼくがメインとして使っているSummilux 35mm 2ndSummilux 50mm 2ndも、もれなく最短撮影距離が1mです。

この1mは、良い意味で被写体との距離感を開けてくれるし、構図などを考える上で、今では重要なポイントとなっているが、やっぱり寄って撮りたいときはあります。

特に、花などは寄って撮った方が綺麗。

全体像や周りの雰囲気も伝えたいなら、引き気味の撮影が良いが、花単体の美しさを伝えるなら、寄って撮る方が、個人的には好き。

Sigma fpなら、ヘリコイド付きのマウントアダプターを使えば、最短撮影距離が、約30cmも寄って撮ることが出来ます。

Leicaでも、接写リングを使えばマクロ撮影が出来るよ!という野暮なことは言わないでくださいね。Sigma fpのカラーとLeicaレンズのコラボレーションだから良いのです。

寄って撮れるSummilux 35mmと50mmの開放が気持ちが良い。

Summilux 50mm F1.4 2nd
Summilux 35mm 2nd
Summilux 35mm 2nd
Summilux 50mm F1.4 2nd
Summilux 35mm 2nd
Summilux 35mm 2nd
Summilux 35mm 2nd
Summilux 35mm 2nd
Summilux 35mm 2nd


Sigma fpのモノクロの表現もすごく良く、Summiluxの開放時のトロけるような滲みが何とも言えない。

引いたり寄ったり撮れる便利なSigma fp、Leicaレンズの相性もバツグン。


ここまでお付き合いありがとうございます。


ねこさと

ねこさと

写真と音楽と猫と妻が大好きな三十路の男。カメラはLeica M10-PとX-S10を愛用しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA